脱毛 ムダ毛

脱毛の方法と手段について

脱毛を考えている人は多いです。
やはりムダな毛は気になるものですから、無くしてしまうことが出来れば処理をする時間を費やすことも少なくなりますし、人の目を気にしながら生活するという、どちらかと言うとネガティブになりがちな日々からも解放されるという意味でも脱毛は無意味な行為ではないはずです。
ですが、誰でもが必ず行動に移るというわけではありません。


それは不安があるからです。
やっても効果が無ければ意味がない、痛みや苦痛を伴うのではないか、肌に負担がかかるのではないか、あるいは火傷とかかぶれとかただれなどが起きる可能性があるのではないかなど色々な心配事があるからです。
費用的な面でも尻込みする人もいるようです。

脱毛の方法って?

ただ脱毛には色々な方法があります。
自分にあった方法を探して、その中で不安を解消して行けば前進が出来ます。
方法としては大きく分けて二つです。
一つは家庭用脱毛器などを使用して自分で処理をするもの、もう一つはサロンなどに通いプロの手で施術をしてもらうというものです。
それぞれ一長一短はあります。

例えば前者はコスト的には優れていますが、後者はそれなりに費用は掛かります。
また前者は時間の制約を受けることはないですが、後者は時間を作らなければいけません。
また何か合った場合に保証をしてくれるくれないなどの違いもありますので、十分に条件を検討した上で選択しましょう。

サロンで脱毛する場合、どの部位を脱毛するかによって費用はかわります。ワキやVラインなど、気になる部位だけ脱毛するのか、まとめて脱毛が可能な全身脱毛にするのか、脱毛に通う前に決めておくことが重要です。
最初はワキから始める方が多いのですが、一つの部位が綺麗になると違う部位も気になりだし、結果的に初めから全身脱毛にすれば良かった…という声をよく耳にしますね。
全身まとめて脱毛した方がお得という場合もあるので、自分の脱毛したい部位と全身脱毛についてをよく考え、どちらに通うか決めるのがよいでしょう。
全身脱毛参考サイト>>全身脱毛なびっち


脱毛の手段としては一般的には以前からあるニードル、最近流行の光やレーザーなどの施術法があります。
この手段についてもそれぞれ特徴がありますが、新しい方法の方が効率は良いです。
たとえばニードルを使った方法だと、一本一本施術をしなければいけませんので時間がかかりますが、レーザーなどはある程度広範囲の照射が可能なので、時間的な節約が出来ます。


効果を感じるのは大体6回目?

光脱毛はメラニンに反応する光をムダ毛に当てることで徐々に毛を薄くしていくことができます。 毛質や毛量によって脱毛完了までにかかる回数が違うので、人によってかかる回数が違うのです。
カウンセリングで実際に生えている毛を見せて見積もりを出してもらうことが大切です。
光脱毛の施術を六回ほど受けるとムダ毛が薄くなってきたと実感することができます。
光脱毛の施術を受けて二週間後くらいに自然と毛が抜け始めます。
それを繰り返すことでムダ毛を脱毛していくことができるのです。
光脱毛で効果を与えることができるムダ毛は、成長期のムダ毛のみです。
成長期以外の退行期や休止期のムダ毛に対しては施術を行っても効果を与えることができません。
毛周期に合わせて二か月に一回施術を受けることですべてのムダ毛に対して効果を与えることができるのです。
また十二回程度施術を受けると自己処理の必要がなくなるほど効果を実感することができます。
光脱毛の魅力は、満足した時点で施術をやめることができるということです。
産毛程度になった時点で施術をやめることもできますし、全く毛がなくなるまで施術を受け続けることもできるのです。
ムダ毛の薄いひとは、六回の施術が終わった時点で満足できる可能性もあります。
また施術を受ける箇所によっても完了までにかかる回数が違うという場合もあります。
濃いムダ毛の場合は効果を感じやすいですが、完了までにかかる回数は多くなります。